災害リスクコンサルティングサービス

About Us

私たち『構造計画研究所』は、
“シミュレーションベースの企業防災”
をご提案します。

構造計画研究所は、まだコンピュータが普及していな時代にデジタルコンピュータを導入し、自ら構造設計プログラムを開発しながら複雑な建築物の構造設計への活用を始めました。 活用の対象は建築物に留まらず、それを取りまく自然環境(地震、津波、風、電磁界など)や社会・コミュニティの諸々の現象のシミュレーションにも力を入れて参りました。

私たちは、得意とするシミュレーション技術を用いて、現状のリスクを評価し、許容できる被害レベルの合意を図りながら必要な対策を実施し、モニタリングよって対策の効果を検証した上で、更に良い対策を施していくという循環、「シミュレーションをベースとした企業防災」をご提案しております。

現在、企業を取り巻く環境は、地震や台風・洪水などの自然災害だけではなく、新型コロナ感染症対策も含めた複合災害への対策が必要な状況となっております。
企業防災・BCPの取り組みは、Q(品質)、C(コスト)、D(時間)という物差しで評価し、企業の経営、社員を含めたステークホルダー間での合意形成が必要です。「シミュレーションをベースとした企業防災」では、社内関係者が、対策の効果をアニメーション等で共有しながら、最良の対策を追求することになり、お客様にとって高い価値を生んでおります。

これからも、お客様と共に更に多くの経験を積みながら、防災・BCPのご担当者様の良き相談相手になって参りたいと決意しております。

株式会社構造計画研究所
エンジニアリング営業部
企業防災チームリーダー 古川欽也

災害リスクコンサルティングサービス

私たちが一番大切にしている事は、
お客様との面談です。
ぜひ、お気軽にお声がけください。

「工場施設の地震対策基礎講座」を
ご希望の方はこちら↓↓

工場が持つ耐震性能を
あるがままに評価することで、
なぜ施工費が抑えられるのか
その仕組みを解説した資料となります

資料無料ダウンロード